<   2005年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧

第49話 新たなる敵

昨日のオチがつくかつかないかの続き?



まぁ、ニンニンニキニキ日曜日なので、
7時半に起きて、マジレンジャー見て響鬼見て、
ゾイド垂れ流してダラダラ過ごしてました。


墓地でのんびり座り込みながら、死体回収業。


主にはマブchのマブダチの死体回収。




そうこうしてる間に夕方がきて、
何故か地下水路で狩りをしていたドルキンに合流することになり、
そこにジラさんもいて、久しぶりにいろいろ語ってたらPrinoさんが合流し、
さらにPluck家の赤いのが来て、もにおが来て、
地下水路で世間話をするというイベントに。


ちょっと昔のなつかしゲームの話してました。







その後、晩ご飯やらなんやかんやで離席し、
戻ってきたらカオス前。




ということで裸族族長も交えてPTを作り、時の間から門内に突入。



d0067154_8502282.jpg


こんにちわ冥の門。





火の門で落とし前つけたい気持ちもあったものの、
まぁ、ランダムだから仕方が無い。




ということで20時。



d0067154_19131579.jpg

きたクッパ。


遠いですけど、大きいです。


全身に溶岩が這っています。



なんか頻繁に吼えます。


d0067154_1913561.jpg

あ、近づいてきましたよ。


手に棍棒持ってます。



頻繁に吼えます。


吼えられるとゾーン内全域スタン(行動不能・詠唱中断)+Buff全剥がし。
例え、ブックチャージしてた分も全て吹き飛ばされます。


正直、回避・着こなし0のシャドウナイト、
防御手段はチャージ基本のヘルパニ依存なわけで、
そいつまで吹き飛ばされると近づく術がありません。


近づいて詠唱すると炎の継続ダメージで詠唱が中断されまくるし!




d0067154_19152744.jpg

あ、こっち向いた!


なんか荷電粒子砲でも発射しそうなヤツです。


こいつはクッパよりもデスザウラーになれるかもしれませんが、
所詮、見た目が明らかに怪獣なのでやっぱりクッパです。




ヴォーって吼える度に小さなヨウカンマンみたいなゴーレムが増えます。


よちよち歩きで可愛いのです。








ところがこいつ、ほっとくとヘルオーブンしてきます。
一撃50ダメージを4回継続。

かといって攻撃すると180ほどのダメージの自爆。



そういうのがヴォーと吼える度に10匹ほど追加されます。




全域スタン+子ゴーレムの攻撃+本体のヘルバースト(これまた200弱ダメージ)。




3秒に一回の全域スタンの中を潜り抜けて与えたダメージはあまり回復しない模様。




非常に辛い状況ですが、勢いで勝つことができそうです。







ちなみに、終戦間近。


d0067154_19191798.jpg



子ゴーレムが40匹以上になってましたとさ。




来週は勝つ。
[PR]
by dorirugr | 2005-10-31 08:52

第48話 誰がために

再び開かれた混沌への扉。


死地に向かう戦士達。




こんばんわ、地の門 ノーザン ゲートキーパー。







d0067154_9211731.jpg



そんなわけでちょっと久方ぶりに潜ってきました。
土曜日19時40分開門 地の門。



時の間に500人以上を擁しての突撃に、
350人定員の地の門は見事150人以上のリンクデッドを引き起こして開門。




これで金とって正式サービスってんだからハドソンは凄い。





先々週までは地・火・辺境の同時開門だったので、
最大で700人以上の人間を収容できていたのですが、
今週金曜に当たったIGK実装パッチで、同時開門が350人限定に。

なんかもうハドソンのやりたいことがよくわかりません。




まぁ、あれです。



NGKはサクっとやっつけちゃいました。




触手誘導も手馴れた人でなされたし、
本体集中攻撃という戦法はとてもわかりやすいですし。


私もしっかり噛み付いて0.1ポイント、牙が上がりました。












その後、1時間ほど酒場でダラダラして、
本日第二回目、火の門SGK戦へ突入。

開門は21時40分。





前回、NGKを倒したので、またも突入できる門は火門のみ。
人数制限は350人。


んで、時の間に集まる500人弱。



弾かれる150人を尻目に火門内部に突入しました。
(弾かれたロボシン他の方々、ご愁傷様でした)









内心、どうせ大人数のゴリ押しで大して盛り上がりもしないと
ちょっと冷めた状態での開門 22時。




分身が案外近くにきたので噛み付きまくったり、スケイプゴート炸裂させてました。






そして本体降臨。






カオス慣れしてない人が来ていたのか、
それともただのペット自慢(召喚に個体差無いから意味無い気がするけど)だったのか、
飛行系のバエルウォッチャーやビーク(鳥)、複合召喚の精霊が
どれだけ注意してもいなくならない。


更に中層に留まる人がなかなか下に降りてきてくれず、
その都度超SGKが上昇。

追いかけてその場で戦い始めて、もちろん与ダメが超SGKの自然回復能力に追いつかず、
超SGKのHPがいつまでたっても減らない&減っては回復。



最下層で待ち伏せして、集中攻撃で沈めるという戦法を
知らない人がこの期に及んでいたのでしょうか。






序盤から中盤にかけては微妙に悪い雰囲気の中で進行。







中盤以降、場が落ち着くにつれて深刻化する触媒不足。
槍を求めて叫ぶ声も聞こえてきます。




補給物資が尽きたのです。




身内でもLilyさんのPNQ・NQが尽き、MeanさんのPNQ・NQが尽き、
Prinoさんの目玉が尽き、Cymbさんの弓が折れる満身創痍っぷり。




じりじり押しながらも先に進まぬ戦況。





HPは「サザン ゲートキーパー」の『ト』の部分と直前の『-』の間を行ったり来たり。








そんな中でPTメンバーに許可を貰い、
最後の素手特攻をかけるべく最終奥義の暗黒命令90「フュージョン」を使用。



既に装備も無く、触媒も無く、
頼れる武器は拳と牙のみ。




フュージョンして、バーサクオールかけて、ナイトマインドして、
超SGKに5人の夢と希望を乗せたギガスが特攻。

フュージョン切れたらまた再集合してフュージョンしてBAして以下略。

素手でナックル無しで武器持ち並みの攻撃。

問題はデカすぎること!!

















の結果。

d0067154_10261554.jpg






ギガス状態でカオスツイスターで中層に吹き飛ばされ、
二段目で上層へ飛んですぐに落ちて落下ダメージ230食らって死亡。



一人だけ中層に上がってしまったのでリザ隊に出会うこともなく、
ここで最後までの時間を過ごすことになりました。




ちなみにPTメンバーがリザを何度か貰っていたようで、度々、

d0067154_1032587.jpg


あけぼの





になってました。





思ったより盛り上がって楽しかったのですが、この後もにおの死体回収をして、
酒場に帰った頃にはほぼ抜け殻になってました。



めでたしめでたし。
[PR]
by dorirugr | 2005-10-30 10:34

山越えて

また一つ、山が見えて。



掘って掘ってまた掘って。
[PR]
by dorirugr | 2005-10-29 12:23

何度でも蘇る

なんか変な夢見ましたよ。


なんでか、龍神丸呼び出す夢。




叫ぶのが恥ずかしくてちょっと躊躇してました、夢の中の私。


しかも一回はスルーされたし。




しょうがないからもう一回叫んでみたら龍神丸出てきました。









なんの夢だこりゃ。









目が覚めたら恥ずかしさだけが微妙に残った状態。

DoT残ったままリボーンで復活した気持ちってこういうものかもしれません。












ああ、そだそだ。

今日は人狼参加してきました。

10人。
4泊5日の旅。


私は村人でした。



初日は狂人とペアだったようです。
二日目は牧師とペアだったようです。


投票は
初日は祈祷師に入れました(処刑されました)
二日目は牧師に入れました(生きてました)




3日目の夕方、全ての人狼が退治されたらしく、ゲームセット。





身内(村人仲間)に二票ともいれたのに、生き残ってしまいましたとさ。





感想:メモとかめんどい。考えるのめんどい。
    墓地に入るとすることが無くなるので暇になりそう。
    (墓地チャットがあるけど、結局ただのチャットだし)
    死ぬことで生存者を撹乱することができるかもしれないけど、
    その「瞬間だけ」の効果なので「死んだ後」は何も無いのよね。



まぁ、そんな感じでした。

それなりに楽しんだけど、めんどくささが目立った感じ。
[PR]
by dorirugr | 2005-10-28 08:30

人と戦う ということ

忘れてました。
先週土曜日、ちょっとだけアリーナしたんです、アリーナ。




アリーナと言ってもDQⅣのオテンバ姫ではないですよ?



とりあえず炎の爪よりはキラーピアス。




まぁ、それは置いておいて。











土曜日、カオスを封じられてあまりに暇だったので、
ドルキンとちょっくらやってみようかって話しになったわけです。


んでまぁ、ルールとかよくわからんので、
リリさんの言うようなルールでやりました。



具体的には
 Buff3 ペット無し とか
 Buff All ペット無し とか
 Buff3 ペット2 とか。





元々私が対人をやらないのは
一つは自分の性格。
二つに独断と偏見があるからです。




一つ目、生来、非常に負けず嫌いな性格なくせにキャラはネタを狙ってしまうから。

つまり自分でネタキャラ作っておきながら負けると腹立てるわけです。

それはあまりにも無責任だろう、と思うので精神衛生上も考慮して、
対人を自分では触れないようにしています。




二つ目、対人は俺TUEEが一番効率良く、
そういう人間が嫌いだからです。

友人が対人にハマったばかりに劇的に環境が変わり、
つまらなくなった、という過去のMMOの思い出もあったりします。







まぁ、そんな感じで対人は触らないようにしてました。









でもあまりに暇でした。

土曜日、思いっきり暇を持て余してました。



いや、いつも暇っちゃぁ暇なんだけど、
この日はカオスに行く気まんまんだっただけに、
蓄えたエネルギーのぶつけ場所を探してしまいました。





そんなわけでドルイドキングLilyさんとアリーナ対決。



何勝何敗だったかははっきり覚えてないので、
ドルキンあたりに聞いたりしてみてください。







考えさせられることは多くありました。




まず、Preで使わないDeBuffの数々は対人専用だということを痛感。

毒特化のドルイド職が相手といえど、
シャドウナイトには「召喚毒」というDoTがあります。
しかも継続回数9回という低威力なれど、抵抗無しには鬱陶しいシロモノ。




ロトンブレスはBuff3の試合においては使用禁止になるほど凶悪でした。

魔法職のレイジングごと根こそぎ奪ってしまうので、
途端に魔法職の動きが重量オーバーでとれなくなります。

ディバインシールドで弾けるとはいえ、手段を一つ拘束してしまいます。


これもやり取りとして楽しいと言えば楽しいのですが、威力強すぎ。





ペット2Buff3の試合で、ドルイドキングが繰り出してきたオルヴァンとタルタロ。
こちらは骨とクラゲ(定番)で迎撃。


ドルイドキングはすかさずインビジでこちらのタゲを切ってしまい、
私も咄嗟にディアボリックアイを思い出せず、
とりあえずペットに集中攻撃指示出して逃げ回っていたり。




冷静に考えると、
ドルイドキングは調教+回復が主な戦闘手段で破壊は40止め。

こちらは対人特化職で
ありあまるDeBuffに素手攻撃がメイン。召喚はオマケ。


まぁ、素手も火力として考えるには微妙なところなので、
どちらも決定力にかける戦いだったわけですが、
ペット無しのLilyさんを相手にするということは、
かなりのハンデ戦を強要していたことになります。




とりあえず勝ち越したらしいのですが、
素手や牙は動き回られると非常に当てづらいこともわかりました。





次やる時はもう少し対等な条件で頑張れれば、と思いました。
[PR]
by dorirugr | 2005-10-27 08:51

ほんとにほんとに

サファリパークで、飼育員がクマに襲われ死傷。



サファリパークってのは動物にとってどんな存在なんでしょうか。



動物園ほど狭いオリに入るわけでもなく、
それなりに広いフィールドは与えられているものの、
やはり夜になるとオリに追いやられるわけで。




夜はオリで寝て、朝になると起こされて、
広いフィールドに追い出されて適当に愛想振り撒き、
夜になってまたオリに追い込まれてそこで寝る。






なんか囚人のような扱いですな。






こうして考えると、どう考えても動物園や水族館の類は人間の都合で、
動物を見世物にしてるわけです。

ペット飼いも「見世物」が「愛玩用」に変わってるだけで。



人間を見世物にしたり、愛玩用に所持することは良くないことで、
それが動物(四足・二足・鳥類など)は許される。





んー




人間も同じ動物なんじゃなかろうか。



知能の差とかって言うけど、
あの知能ってやつも人間が人間の測り方で測った方法なわけで、
ひょっとしたらその辺の犬や猫や動物園のライオンの方が
もっと賢いかもしれんわけです。







シマウマが医療発展させたり、
ロバがリニアモーターカーを作らないのは、
作ることがこの世の中の理屈において正解ではない、と
知っているからかもしれないのです。



着実に環境破壊を進行させ、
今更になって環境保護に慌てふためく人類を見ながら、
サバンナのワオキツネザルあたりは小馬鹿にした笑いを浮かべてるかもしれないです。

 「ほれ見ろ、言わんこっちゃない」(サル語)




人間は動物園やサファリパークでの飼育記録や生態を参考に、
野生動物の保護を熱心にしているかもしれません。
まぁ、どっちにしても動物愛護というか、種の保存に努めてたりします。


でもひょっとしたらそこで救った動物が、
数年後に全生物に脅威をもたらす病原菌の温床になりうる
そーんなことが起こるかもしれんわけです。



モノ通じぬ動物達は
 「そこでそいつを生かしておいたから自滅するんだよバーカ」
と思ってるかもしれないのです。







人間にしても動物にしても、
死を超越しようとすることは自然の摂理に反していると私は思います。

かといって、病気になったらそのまま死ねってのもアレですが。

元々、そのきっかけになった病気そのものも
環境ホルモンやらタバコやらは人工物がきっかけになることがあるわけで
その段階ですでに「自然」じゃないのかもしれんです。


あー、なんかよくわからなくなってきたな。




ブラックジャックやら最近流行った医者漫画だと、
「医者は何のために存在しているんだ!?」的な台詞が見られます。


確かに「治療=死の超越=超自然」ということになると
そうなっちゃうわけですが、答えが見つかりません。

(よくありがちな結論として、
「理屈じゃない、この人を救いたいという気持ちがあるだけなんだ」
というものに落ち着きがちですが)






人は隣の誰かと関わりを持ち、隣の誰かのために事を成し遂げます。

医療の発達も科学の発達も隣の誰かのため。

人間は一人では生きていけません。


百姓が自分でロウソクを作り、自分で井戸を掘り、
牛を飼いつつ野菜や稲を育て、
自分で薪割りして、木の棒と枯葉の摩擦で火をおこし、
移動手段は徒歩、通信手段は伝書鳩
着ている服はすべて自分が飼ってる蚕から糸を紡いで作る
とかいう生活をしない限り、必ず他人との接点があります。


それに対して動物は、その種一匹でも、
他の種(エサ)がいれば一人で生きていけます。





ここら辺りが人と動物の差なのでしょうか。




んー、でも集団で役割を決めて狩りをする動物もいるなぁ・・・







んー、人類は万物の霊長なのでしょうか。
そもそもこの場合の「万物」の定義はなんじゃらほい。








とかなんとか言ってる割に、
でも動物園に行ったらいろんな動物が見られて、
思わずテンションが上がってしまうKnorrなのでした。





追記:夏の動物園はオススメしません。
    匂いがどうとかって言う前に
    動物が暑さでダルそうにしてるので動かなくて楽しくないです。





結論:支離滅裂
[PR]
by dorirugr | 2005-10-26 08:50

寒暖の差

それなりに寒くなって参りましたね。



急に朝とか夜の気温が低くなってきたため、
どうも鼻風邪を引いたようで、くしゃみ鼻水が連発していたKnorrです。



鼻風邪と油断していたら普段起こらないようなところへ行った模様。





午前中からずっと、目の奥が痛い。





それに引きずられるように微頭痛がするのです。






熱・・・かな・・・・・・?





珍しく熱出したかもしれません。

かもしれないってのは家に体温計が無いからわからないのです。
(普段、熱出さないので8年間買ったことが無い)




さらにここ7年近く、風邪薬を飲むようなこともなく、
夜寝てたら治ってたので薬も無い。
(8年前、ここに来てすぐの時に40度近い熱を出して病院行ったきりです)









8年前、風邪で熱出した時にはたまりませんでした。




一人暮らし初年、初めての病気。

熱でフラフラになりながらも、病院には自力で行くしかないわけで、
自転車をフラフラ運転しながらようやくたどり着けば救急外来。

風邪が大流行した年だったので、周りの患者はずっとゴホゴホ。

診察も患者が多すぎて、診察室以外の部屋を診察室に使う始末。



そんな中で診察を受けて、点滴打たれて、薬貰って帰ったのが8年前の思い出。







あー、あんなになるのヤだなぁ、と思ってたら
その後は、風邪引いても翌日に治る程度しかかからず、
歯医者にすら縁の無い7年間を過ごすことになったわけです。















ここはいっちょ休み申請でも・・・





と言いたいところですが、
火曜は上司が出張でいないために強制出勤です。






そんなわけで、酒場の会話もそこそこにアイスノン敷いて横たわってました。


いつの間にか寝てました。




ああ、これはいつものことか。
[PR]
by dorirugr | 2005-10-25 07:42

盛り上がれ秋の大運動会

盛り上がれとか書いちゃったけど、基本は不参加な私。


今日はニンニン日曜日。


なので朝からマジレンジャー見て響鬼見ました。


ブレイジェルよりはウルザードのままの方がかっこよかったですよ。
あと、斬鬼さんが渋くてかっこいいです。



8時半過ぎ、密かな期待をするもやはりカオスゲートは開かず。

19時半過ぎ やはり開かず。


今週はカオスエイジは体験させてくれないようです。










日曜日、午後8時。
公式イベント なんとかの運動会 が始まりました。
(ちゃんとした名前忘れちゃったよ)


カオスが無かった分、多数の参加があった模様です。




いくつかの競技を経て、合計ポイントでジョニーかジャスティンをハゲにするのが目的。





でもジャスティンって通常のPCキャラと同じ絵を使ってるので、
ハゲにしたって何にも面白くありません。

なので通常のPCキャラ絵じゃないジョニーをハゲにしてもらいたいと思っていました。




まぁ、どうせジョニーキャラなのでハゲ絵が用意されているわけではなく、
多分、逃げるとかなんとかってオチだろうとは思いつつも、
ジャスティンみたいにわかりきってるのよりはマシです。




そう思いつつ、白勝て白勝て、と酒場で映画見ながら思ってました。




参加はめんどくさいので拒否。

人も多いしね。





最後のスタンプラリーだけ参加しましたよ。

墓地地上を走ってみました。


まぁ、地上には何も施設無くて、
私も途中からグレイブン捕まえるのに熱中し、
3匹捕らえたので安心して酒場に帰ることに。



グレイブンのトレインがごっついことになっとりました。






皆が運動会に奔走してる間にご飯を食べ、
映画は微妙な調子で終わってしまい、
酒場が帰還した運動会選手で埋まっていったわけですが、
とにかく騒がしかったです。




ちょっとだけ、β時代に戻った気がしました。
[PR]
by dorirugr | 2005-10-24 07:53

第36話 カオス封印

徹夜明けの後、朝7時くらいからじっくり寝てみました。





起きたら12時過ぎ。
カオス時間にちょーーーどいい!




おお、きたきた




と思って準備しようと思った刹那、流れるGMアナウンス。






「現在、風の日18:00になってもカオスゲートが開かない以下略」







うそーん。






んじゃ、週末のMOEをどう過ごせってのさ。











しょうがないからダラっとしてました。










とか言ってたら懐かしい人間がログイン。

Prinoさんが戻ってきたじゃないですか。




まぁ、ハンギングとか激しく使えなくなったわけですが・・・





そういう衝撃の事実を伝えつつ、再会を喜びました。












夜22時過ぎ。
なんとなく期待してた私。



それでもカオスゲートは開くことなく、
そのまま、その日を終えてしまうことに。





ハドソンめ・・・
[PR]
by dorirugr | 2005-10-23 07:37

しばしの別れ

大学入学初日から、席を近くにし、
ずっと一緒に遊んできた友人がこのたび実家へ戻ることになり、
そのお別れ会を友人達でやってきました。


卒業後、岡山で就職をしたのですが、
辞めて、実家の山形に帰ることになったそうな。




なんだか寂しいものを感じつつ、皆でいつものように食事をし、
ダーツやビリヤードなんかで遊んできました。





あとは生まれて初めてのネットカフェ体験。




昔懐かしく「強殖装甲ガイバー」読みまくって徹夜しましたとさ。





ゼクトール、かっこいいなぁ
[PR]
by dorirugr | 2005-10-22 16:17