祭りといえばサブちゃん

お昼からお仕事でした。
Knorrです、こんばんわ。


最初午前中って聞いてて、そこからお昼まで自宅待機になって、
12時過ぎに職場から呼び出されて出勤して参りました。


お仕事終わって帰宅したのが21時40分ジャスト。



カオス準備何もできてなかったので、本日のカオスはおやすみ。




代わりに22時半集合23時開始の霊体素手祭りに参加してきました。






今までも何度かお誘いは受けていたのですが、
「めんどくさいのでパス」ということでずっと流してましたが、
今回がFinalかもしれないって言うから行って来ました。





まずは22時半、丘SB前に集合だったわけですが、
準備段階から霊体なのでSB周りは死体だらけの霊体だらけ。

無関係な人に次々に突っ込みを受けます。



しかも周りにいる犬やら蛇が謎の霊体によって撲殺されまくり。







名前表示を消すとものすごく不気味です。






私はMab'sの人たちと行動を共に。





酔拳聖のUlfさんを筆頭に、アイドルマスタリで光るぎーちさん等、
ほとんどが顔見知りなので同PTでぬくぬくしてました。








いざ、第一目標のアマ巣へ進軍の運びとなったわけですが、
これまた霊体がぞろぞろ動くだけなので、絵に動きがありません。


SS撮ろうと思ったのですが、名前表示すると後が面倒だし、
名前表示しないと何も画面に映らないしで、どうしようと悩んだ結果、
何も撮らないことにしました。




ということで60名以上の霊体がアマ巣へ雪崩れ込み、
透明な何かに殴られまくるアマゾネスやエルーカスベイブやバルカー。

非常にシュールです。





若干クリティカル率が高く、攻撃回数の多い素手なので、
あちこちでクリティカルの煙が上がるのですが、
それにも増してあちこちで拳聖乱舞の「キュイーン」が聞こえてきます。


激しくログが流れ出すものの、そのことごとくが1とか2ダメージ。



ただのアマ巣なのにカオスボスみたいな戦闘ログです。




ちなみに人数に物を言わせているため、比較的あっさりとアマ巣制圧。



まぁ、死んでもHPに戻るだけでそのまま霊体で戦線復帰するために、
戦線復帰も早い早い。
お腹も減らないしST・MPが走ってても回復です。



そんなわけで死んでも死んでも湧き出る霊体に多分、アマゾネスもうんざり。










とりあえずアマ巣制圧しちゃった一行が次に向かったのは丘ギガス。




これまた即死してもまたすぐに丘SBから走って戻ってくる霊体なので、
代わり交代に前線が維持されて全くひるむこともありません。





まるでマブコウモリ祭りを見ているようだ、とはPTchのお話。






結局、何度も何度もSB送りにされながらも、
皆で噛み付いたり殴ったりギロチンしたりでギガスも制圧。


いやぁ、やればできるもんだ。





進行のヨパライその他の方々、お疲れ様でした。
[PR]
by dorirugr | 2006-03-26 09:36
<< 成分分析 ところかわれば 流れを変えて。 >>